ポーランド代表 ユニフォームです。2018モデル。レプリカ 仕様。アウェイ ユニフォーム。

2018 ポーランド代表 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカは観戦用に作られたレプリカモデルの為、横幅にゆとりがある設計を採用します。アウェイユニフォームが伝統的に国旗カラーのレッド(“自由”を意味する)を採用している。肩周りは可動域を大きく確保するラグランスリーブ。レプリカユニフォームでも、袖のギザギザなどヴェイパーニットのデザイン的な特徴は再現されている。Vネックをベースとした首のライン。代表チームの愛称にもなっている白鷲をあしらった通気性のあるテープを配している。左上から右下にかけての「鷲」を表すダイアゴナル・ラインが大胆なデザインだ。片側の水平ストライプは、スピードブラー(スピードによる残像)をイメージしたグラフィック。

商品の詳細:

通販価格:3,551円

メーカー:ナイキ

カラー:レッド
.不規則のvネック仕様を採用。
.メーカーロゴは刺繍仕様。
.協会エンブレムは織りワッペン縫い付け。

サイズについて:S/M/L/XL

マーキング加工:可能(料金別途)

素材 : ポリエステル100%
生産国 : Japan
発売時期:2018年4月下旬

購入手続きへ

ナイキとPZPN(ポーランドサッカー協会)は今日、ポーランド代表がロシア・ワールドカップで着用する新ポーランド代表 ユニフォーム ホームを発表した。

今日は、彼らの2018 ポーランド代表 ユニフォームホームのデザイン詳細、発売などを簡単に紹介します。

ポーランド代表をお好きな方は是非ご覧ください~

本大会では、日本、コロンビア、セネガルというHグループを戦う。

Poland 2018 Nike Home

彼らのホーム ユニフォームはお馴染みの白を基調にしたデザイン。

全体としてシンプルな仕上がりで、身頃にはプラチナムグレーで描かれた対角線のパターンを備えたデザインとなっている。

差し色は伝統的な赤で襟やナイキロゴに使われている。

胸・背番号と右胸のスウッシュ(Nikeロゴ)の赤色を採用した。

本日発表されたポーランド代表 ユニフォームがNikeの最新技術を駆使したハイスペックなアイテム。デザインは2018年のNikeテンプレート「ヴェイパーニット」(Vaporknit)がベースになっている。

エンブレムの素材は以前の物よりも64%軽量となり、シャツは空気流量の増加により通気性が向上している。

首元にはおなじみのポーランドの国章「王冠をかぶった白い鷲」を配している。形状が目を引く生地の「織り」は、このユニフォームのテンプレートともいえるNike“ヴェイパーニット”の特徴。

サッカーポーランド代表はポーランドサッカー協会 (PZPN) により編成されるポーランドのサッカーのナショナルチームです。2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではロベルト・レヴァンドフスキが16得点と予選得点王に輝く活躍を見せ、E組1位となり3大会ぶり8回目のワールドカップ出場を決めました。

2011年4月、ポーランドサッカー協会 (PZPN)はサッカーポーランド代表のエンブレムを発表しました。ポーランドサッカー協会のエンブレムは赤、白、金色を基調にデザインしました。王冠をかぶった白い鷲はリボンの形で表現しています。リボンの下は協会の略称「PZPN」を入りました。

ポーランドの国章は、赤色の盾の背景に、王冠をかぶった白い鷲で表されています。王冠をかぶった白いというイメージはポーランドの象徴だと思われます。ポーランドの国章はサッカーポーランド代表のユニフォームに織りワッペン縫い付けます。

  

 

2016 ポーランド代表 スタジアム ホーム ユニフォーム。レプリカモデル。2016シーズン。

2016 ポーランド代表 ユニフォーム ホーム 半袖は、通気性と速乾性に優れた素材を採用しました。

特長

  • Dri-FITテクノロジーでさらりとした快適さをキープ
  • 軽量のNike Breathe素材により涼しい着心地が持続
  • 伸縮性のあるパネルと体にフィットするデザインで、動きやすさをサポート

商品の詳細

  • チームのディテールにこだわったレプリカデザイン
  • 素材:ポリエステル100%
  • Vネック/ラグランスリーブ
  • 洗濯機洗い可能

2016 ポーランド代表 スタジアム アウェイ ユニフォーム。レプリカモデル。2016シーズン。

2016 ポーランド代表 スタジアム ホーム ユニフォームは、通気性と速乾性に優れた素材を採用しました。

特長

  • Dri-FITテクノロジーでさらりとした快適さをキープ
  • 軽量のNike Breathe素材により涼しい着心地が持続
  • 伸縮性のあるパネルと体にフィットするデザインで、動きやすさをサポート

商品の詳細

  • チームのディテールにこだわったレプリカデザイン
  • 素材:ポリエステル100%
  • Vネック/ラグランスリーブ
  • 洗濯機洗い可能

  今日は、サッカーポーランド代表の歴代サッカーユニフォームを分析してサッカーポーランド代表ユニフォームに評判しましょう。サッカーポーランド代表、ポーランド代表 ユニフォームなどにご興味が持っている方はぜひこの記事をご覧ください。

【サッカーポーランド代表 ユニフォーム キットに総評】

  ポーランド代表 ユニフォームは、白と赤の国旗の色を反映しています。1920年代にはホームキットの靴下が縞模様になっていたことを除く、デザインは1921年以来変わっていません。ホームユニフォームは白を基調にデザインとなりました、赤いショーツと白いソックスで構成されています。アウェイユニフォームはすべて赤を基調にデザインしました。白いショーツで時折着用されます。

  ホームキットとアウェイキットの両方が対戦相手と衝突する場合、通常は黒または青(現在は白と赤の袖の紺色)の第3のキットが用意されています。キットは伝統的に白い鷲で飾られていた(2006年まで、紋章は鷲の上に大文字の「POLSKA」と書かれていた)、ポーランドの紋章であり、他の多くの代表チームと同様、サッカー連盟のロゴも入りました。

  2009年以来、現在のユニフォームはナイキで提供されています。

  ポーランド代表の公式FIFAコードは「POL」です。 この略語は、FIFA、UEFA、その他の試合でチームを識別するために使用されます。 同様の略語は国際標準化機構でも使用されています。 「サッカーポーランド代表」は 「Reprezentacja Polski wpiłcenożnej」としてポーランド語に翻訳することになりました。 チームの愛称は、「白と赤」(Biało-czerwoni)と「白鷲」(BiałeOrły)となっています。

  1974年大会では、初出場から6大会連続で本大会に出場しているイングランドと、欧州予選の最終戦でウェンブリー・スタジアムで互いに突破をかけて対戦しました。勝てば逆転で突破を果たすイングランドを相手にアウェイながら先制点を挙げ、最後には1-1の引分で7大会ぶりの出場権を獲得しました。本大会でも決勝進出をかけた2次リーグ最終戦で地元の西ドイツに1-0で敗れるが、それ以外の試合はブラジル、アルゼンチン、イタリアなどに全勝し、6勝1敗で3位入賞を果たしました。

  その後、1986年大会まで連続して出場しました。1982年大会では、3位決定戦でフランスを3-2で下して再び3位入賞を果たしています。16年ぶりの出場となった2002年大会では、ナイジェリアから帰化したエマヌエル・オリサデベを擁して、欧州予選を突破したものの、アメリカに1勝したのみでグループリーグ敗退しています。

ワールドカップには7回出場。欧州選手権には2008年大会で初めて出場した。本戦では1勝も挙げられず終わりました。開催国として臨んだUEFA EURO 2012では、グループAでロシア、ギリシャ、チェコと対戦。2分1敗と、1勝も挙げられず、グループリーグ敗退となりました。

予選を突破し3大会連続出場となったUEFA EURO 2016では北アイルランド戦で本大会初勝利を記録すると、初めてグループリーグを突破しました。ベスト8まで進んだが、準々決勝でポルトガル代表に敗れました。

  現在サッカーポーランド代表のFIFAランキングは12位です。(2017年3月まで)

ワルシャワ国立競技場(National Stadium、Warsaw)
開場:2012年1月29日
収容人数:58、500人
所在地:ワルシャワ

  サッカーポーランド代表のホームスタジアムと言えば、もちろんはポーランドの首都ワルシャワに所在するワルシャワ国立競技場と言うサッカー専用球技場である。

  老朽化したスタディオン・ジェシェンチョレチャ(10周年スタジアム)を解体し、建て替えた。UEFA EURO 2012では開幕戦のポーランド戦と準決勝などが開催された。大会後はポーランド代表戦の主会場となったほか、レギア・ワルシャワとポロニア・ワルシャワの一部の試合会場にもなっている。

  2015年にはUEFAヨーロッパリーグ決勝戦の会場になった。

  サッカーポーランド代表を応援する大ファンの貴方はある日でポーランド代表ユニフォームを着てワルシャワ国立競技場へ行きませんか。