サッカーポーランド代表はポーランドサッカー協会 (PZPN) により編成されるポーランドのサッカーのナショナルチームです。2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではロベルト・レヴァンドフスキが16得点と予選得点王に輝く活躍を見せ、E組1位となり3大会ぶり8回目のワールドカップ出場を決めました。

2011年4月、ポーランドサッカー協会 (PZPN)はサッカーポーランド代表のエンブレムを発表しました。ポーランドサッカー協会のエンブレムは赤、白、金色を基調にデザインしました。王冠をかぶった白い鷲はリボンの形で表現しています。リボンの下は協会の略称「PZPN」を入りました。

ポーランドの国章は、赤色の盾の背景に、王冠をかぶった白い鷲で表されています。王冠をかぶった白いというイメージはポーランドの象徴だと思われます。ポーランドの国章はサッカーポーランド代表のユニフォームに織りワッペン縫い付けます。